春に施術を受ける人が増加

注射器

埋没法で目元の印象を変えよう

進学や就職などで環境が大きく変わることもあり、今までの人間関係がリセットされ新しい人生をスタートさせるの、春という季節です。実は銀座にある美容整形外科クリニックでは、春になると二重まぶたを作る「埋没法」を希望する患者さんが増えると言われています。埋没法はメスを使わないプチ整形の1つで、気軽に施術を受けられることから銀座の美容整形外科クリニックでも人気です。一重まぶたや奥二重と目元にコンプレックスを抱えている人も、埋没法を受けることでクッキリとした二重のラインを手に入れられます。春はそれまでの環境が変わり初対面の人とも合う機会が増えることもあり、人生の節目にコンプレックスを解消しようと美容整形を受ける人が増えるようです。特に埋没法をはじめとするプチ整形は術後のダウンタイム期間が短いことから、春休み中に施術を受けて4月に問題なく新しい環境へと踏み出せることでも選ばれています。容姿のコンプレックスを解消し、自信を持って新しい人生のスタートを踏み出したいと考えているのであれば、春に埋没法を受けるのもおすすめです。

まぶたを特殊な糸で固定し、目を開けた時に二重のラインが出るようにする「埋没法」は、目元の印象をガラリを変えることができるプチ整形です。とてもポピュラーな二重整形ということもあり、銀座の美容整形外科クリニックであれば必ずといっても過言ではないほど、この埋没法の施術を受けられます。特に二重整形に力を入れている銀座の美容整形外科クリニックの場合、独自の術式を開発するなどしているようです。例えば、ただ単に縫いとめるのではなく糸をループ状に結ぶことによって、二重のラインがキープされる強度をアップするなどの術式などが挙げられます。埋没法は糸で固定する箇所の数によって1点法や2点法など呼び方が異なり、固定する数が多くなればなるほど、糸のキープ力が高くなるのが特徴です。ただ、固定する数が多くなるとその分、埋没法後に腫れや痛みといったダウンタウンも長引く傾向にあります。どのような術式を選べば良いのかはまぶたの状態や、ダウンタイムの期間などを考慮して決めることが重要です。

Copyright© 2019 美容整形はきれいになりたい人々に人気がある All Rights Reserved.